クウリ。ヲツャト遙ヲイ霖・。エ・ユ鄒ヲシメ。。ウシーイシメサーキシ
遠隔病理コンサルテーションシステム ”プラチコ”
戻る : 
<< インストールマニュアル >>
1. 概要 
 
1-1. Pratico(プラチコ)には、次の機能があります。
(1)  送信側と受信側とで同じ画面を同時にアクセスしながら、会話をすることができるWeb会議機能
(2)  異なるメーカーのバーチャルスライド画像や顕微鏡画像を一つのパソコンで立ち上げ、閲覧することができる統一ファイル管理機能
(3) 一連の画面の動きを動画像にて録画できるレコーダー機能
 
プラチコ電動顕微鏡
プラチコFINO
プラチコ顕微鏡
プラチコVPNシステム
     
  1-2. Pratico(プラチコ)には、次の2種類のプログラムがあります。
    (1) Pratico送信側プログラム ( Pratico Server System ) 
    (2) Pratico受信側プログラム ( Pratico Client System )
  1-3.  送信側パソコンと受信側パソコン
      Pratico送信側プログラムをインストールしたパソコンを送信側パソコン、Pratico受信側プログラムをインストールしたパソコンを受信側パソコンと呼びます。
2. 必要な環境
  2-1.   送信側パソコンの必要スペック
    (1) Windows 7 Professional 64BIT SP1 以上
    (2) CPU インテル(R) Core(TM) I 7-3770 プロセッサー ( 最大3.90 GHz, 4コア ) 相当以上
    (3) メインメモリー 8 G Byte 以上
    (4) ハードディスク 500 G Byte 以上
  2-2.  受信側パソコンの必要スペック
    (1) Windows 7 Professional 64BIT SP1 以上
    (2) CPU インテル(R) Core(TM) I 5-3450 プロセッサー ( 最大3.10 GHz, 4コア ) 相当以上
    (3) メインメモリー 4 G Byte 以上
    (4) ハードディスク 320 G Byte 以上
  2-3.  ネットワーク環境のスペック
    (1) LANまたはインターネットの固定IPアドレスを推奨します。動的IP契約のインターネット回線や3G 等のモバイル環境でも動作しますが、動作が著しく遅くなります。
    (2) データの安全性を考慮して、VPN接続環境を推奨します。
    (3) 音声会話をする為、送信側パソコンおよび受信側パソコンにWeb会議用スピーカーマイクまたはヘッドホンマイクを接続する必要があります。
    (4) インターネット経由の場合、ルーターに次の3つのポートを開ける必要があります。
   
    WWWポート  :  80 / リモートポート : 5938 / 音声用ポート : 8002
3. インストール
3-1. 送信側パソコンのインストール
インストール
    (1) 送信側セットアップファイル
      Pratico送信側プログラムに必要なプログラムが含まれています。
      ここでインストールできるのは、連続稼動制限3分間のデモ版です。
    (2) マニュアル類
      インストールマニュアル、Helpファイルがあります。必ずお読みください。
    (3) バーチャルスライド・ビューワ・プログラム
      アペリオ、クラーロ、浜松ホトニクス、ライカ、オリンパスの各社のビューワプログラムが含まれています。
      Praticoの初期画面より、それぞれのバーチャルスライドファイルを起動できる機能が用意されていますので、お使いになるメーカーのビューワ・プログラムをインストールしてください。
   
3-2. 受信側パソコンのインストール
 
インストール
    (1) 受信側セットアップファイル
      Pratico受信側プログラムに必要なプログラムが含まれています。
      Pratico受信側プログラムは、無償にてインストールすることができます。
    (2) マニュアル類
      インストールマニュアル、Helpファイルがあります。必ずお読みください。
    (3) バーチャルスライド・ビューワ・プログラム
      アペリオ、クラーロ、浜松ホトニクス、ライカ、オリンパスの各社のビューワプログラムが含まれています。
      Praticoの初期画面より、それぞれのバーチャルスライドファイルを起動できる機能が用意されていますので、お使いになるメーカーのビューワ・プログラムをインストールしてください。
3-3. パソコンIDの表示
 
インストール
    (1) パソコンID表示プログラム
      各々のパソコンに割り振られている独自のパソコンIDを画面にて表示するプログラムです。
      Pratico送信側プログラムをご注文いただくには、このパソコンIDが必要になります。
    (2) パソコンIDの表示方法
      左パソコン画面をクリックして、同プログラムをインストールしてください。
      プログラムを起動し、OKボタンをクリックすると、パソコンIDが画面表示されます。
    (3) 送信側プログラムご注文時の注意
      Praticoプログラムをご注文いただく際には、パソコンIDの提示が必要となります。
      当プログラムにて表示されたパソコンIDを添付してください。
      パソコンIDは、複雑なデータですので、書き写すなどすると誤記する恐れがありますので、充分にご注意ください。
戻る : 
個人情報保護方針ご利用上の注意